美肌の新常識!「美肌菌」を増やす方法と美肌を育むおすすめアイテム

スキンケア

最近なにかと話題の「美肌菌」ご存知ですか?

私たちの顔には5種類〜7種類、数にして1,000万から10億の細菌が住み着いていて、最近の研究によってこれらの微生物(常在菌)が肌の健康状態のカギを握っていることが明らかになったんです。

しかも!従来のスキンケアでは大切な常在菌を減らしてしまっているという新事実も…

良かれと思ってやっていたスキンケアが実は真逆だったなんて衝撃ですよね。

今回記事では美肌の新常識「美肌菌」とはなんぞや?というところから、美肌菌を育むスキンケア方法まで詳しくご紹介していきます。

 

美肌菌とは

美容や健康のために腸内菌が大事なように、お肌の健康のためにも「美肌菌」がとても大切です。

美肌菌は「皮膚常在菌」とよばれ、おもに表皮ブドウ球菌やアクネ菌のことを指します。

常在菌のバランスがとれている肌は、肌トラブルもなく適度に潤いとツヤのある理想的な肌といえます。

 

善玉菌:表皮ブドウ球菌:お肌にとって有益な働きをする菌

悪玉菌:黄色ブドウ球菌:お肌にとって有害な働きをする菌

日和見菌:アクネ菌:環境や条件によって有益にも有害にもなる菌

アクネ菌ときくとニキビの原因になるのでは?という人がいますが、実はその逆なんです!

美肌菌の素晴らしい働きをみていきましょう!

 

働きその1. 皮膚を弱酸性に保つ

美肌菌(皮膚常在菌)は皮脂を分解して「脂肪酸」とよばれる酸性物質をつくりだし、皮膚表面を酸性に保つ働きがあります。

肌に悪影響を与える雑菌の多くはアルカリ性の環境下で活性するので、美肌菌が肌を弱酸性に保つことにより、雑菌の繁殖による肌荒れから肌を守ってくれます。

ニキビの直接的な原因はアクネ菌ではありません。健康な肌にもアクネ菌は一定量存在します。

間違ったスキンケアにより常在菌のバランスが崩れると、毛穴にアクネ菌が増殖し悪玉化することによりニキビが発生してしまうのです。

 

働きその2. 天然保湿因子(NMF)を生成する

美肌菌(皮膚常在菌)は皮脂や汗を分解して天然保湿因子(NMF)を作り出します。

化粧品で一生懸命保湿をしても、人が本来持つ「天然保湿因子」に勝る保湿剤はありません。

どんなに高価なスキンケアを買うよりも、美肌菌を育て天然保湿因子を増やすこと、天然のバリア機能を強化することが美肌を目指す上でもっとも重要なんです。

 

美肌菌を育む5つの習慣

美肌に大切な美肌菌、だれしもが増やしたい!と思いますよね。

ここで注意したいのは、まずおこなうべきことは「何をするかではなく、何をしないか」。

肌トラブルの最大の原因は意外にも「与えすぎのスキンケア」なんです。

いらないものをひとつひとつ削ぎ落としていくことが美肌に近づく近道!

ここでは美肌菌を育むための「しない習慣5つ」をご紹介します。

 

洗顔は1日一回

美肌菌を育むスキンケアを実践する上でもっとも大切なのは「美肌菌を洗い流さないこと」です。

洗い流された菌数が回復するまでには半日程度かかるので、表皮ブドウ球菌の効果を生かすためには石鹸や洗顔料での洗顔はせいぜい1日1回までにとどめる必要があります。

皮脂汚れは33℃前後のお湯ですすぐだけでも落ちるので、朝の洗顔はぬるま湯で軽く洗う程度で十分。

しかしお化粧が残ったままだと雑菌の繁殖につながるので、お化粧はメイク落としで落としてくださいね。

 

無洗顔が美肌をつくる?専門家が教える顔を洗わない美容法の真実と嘘
みなさん洗顔は1日に何回されていますか? 当たり前のように朝・晩の2度。さらにはダブル洗顔が当たり前。という方がほとんどではないでしょうか。 実は最近、「お肌の洗いすぎ」が専門家の間で問題視されているのです。 なんでも、複...

 

化粧水は使わない(アルコール・防腐剤)

肌の表面は角質層がバリア機能を果たしているので、雑菌はもちろん水分も肌の中には入れません。

化粧水を使うことは、無理やり角質層を破壊して保湿成分を入れる乱暴な行為なんです

さらにいうと防腐剤やアルコールが含まれた化粧水はもう最悪。これらの成分は美肌菌を殺してしまうので常在菌のバランスを崩し肌環境を悪化させます。

手持ちの化粧水に防腐剤やアルコールが含まれていないか確認してみてくださいね。

 

【皮膚科医に聞いた】化粧水いらないって本当?肌に良いスキンケアとは
みなさん普段のスキンケアで化粧水は使いますか? 実は最近、化粧水の使用について警報を鳴らす皮膚科医や美容の専門家が増えているのです。 私たち日本人は何の疑いもなく化粧水を日々使う人がほとんど。 しかし、専門家たちによるとス...

 

長時間の入浴は避ける

長風呂は汗がでるのでデトックスや肌に良いのでは?と思われがちですが、常在菌のことを考えたらNG行為なんです。長時間の入浴はお肌に重要な常在菌まで洗い流してしまいます。

常在菌のことを考えたらお風呂は長くて15分までにしましょう。

ちなみに入浴だけで汚れの9割程度は落ちるといわれています。洗浄力の強いボディーソープを毎日使う必要はありません。脇や足、背中の上部など汗腺が密集した箇所だけ洗浄する程度で十分なのです。

 

【必見】長時間の入浴は美容に逆効果!美肌菌を守る正しい入浴法まとめ
「美容のために毎日長時間入浴する」 「ボディーソープで洗って、スクラブして...肌は常にツルツルじゃなきゃ」 女性なら誰もが好きなバスタイム。 自分ならではの、こだわりがある人も多いのではないでしょうか? しかし残念...

 

スキンケアはシンプルに

化粧水や乳液、美容液、パック、目元クリーム…。

本当にすべて必要ですか?成分をみてみるとほとんど似たりよったりで、それぞれの必要性はあまりないように思います。(化粧品会社の戦略ですね)

スキンケアの工程が増えれば増えるほど、使われる化学成分や防腐剤、アルコール量が増え肌の負担になります…。さすがになにもするなとはいえませんが、スキンケアは保湿を重視したシンプルなケアのみで十分。

あとは常在菌に任せておけば、天然保湿因子(グリセリンと似た成分です)が肌を勝手に潤してくれます。

 

ノーメイクの日をつくる

化粧をするなといわれても無理な話ですが、常在菌にとってファンデーションやクリーム系の油脂は害。

お化粧をした肌は常在菌にとって住みにくい環境なんです。

化粧が濃い人や、すっぴんでいる時間が短い人ほど常在菌の量が少ないという実際の研究データもあるほどです。

平日は難しくても、休日はなるべく素肌でいる時間を増やすこと、家に帰ったらすぐに化粧を落とすことを徹底しましょう。

余裕がある人は週末肌断食なんかも効果的ですよ。

 

美肌菌を増やす方法

美肌菌のための「やめる努力」をご紹介してきましたが、今度は美肌を生む「やる努力」をご紹介します。

上記でご紹介した方法でも十分効果はありますが、さらに目に見える効果が欲しい!という方は次項もチェックしてみてくださいね。

 

適度な運動習慣

美肌菌を増やすには運動をすることも大切です。美肌菌(常在菌)は汗や皮脂をエサにし、天然保湿因子をつくったり、肌を酸性に保ったりしています。

より効果的なのは就寝前に汗をかくこと。

寝ている時に常在菌は汗や皮脂をエサに増殖することがわかっています。筋トレやストレッチなどをおこなってから就寝するようにしましょう!

 

美容外科で美肌菌を培養する

「美肌菌を培養する」ここまできたか…感もありますが明らかに効果がありそうですよね。

厳密にいうと常在菌には個人差があります。なので自分の常在菌を培養する方法がもっもも肌に菌が定着しやすく効果が期待できる方法なんです!

培養方法
  • 自分の素肌から美肌菌を抽出する
  • 培養し冷凍保存する
  • 必要な時に美容液として成分を抽出する

こちらのコースは40万円以上する高価な治療にもかかわらず、大人気なんだとか。

効果は高くても庶民には無理(笑)手が届く手軽な方法もご紹介します❤︎

 

ホエーパック

美肌菌を増やすおすすめの方法は、ヨーグルトのホエーを使ったフェイスパック。

ヨーグルトの上澄み(ホエー)に多く含まれる乳酸菌が美肌菌を増やしてくれるんです!

ポイント
  • ビフィズス菌入りのヨーグルトを使う
  • ヨーグルトではなくヨーグルトの上澄み(ホエー)を使用する
  • 二の腕などでパッチテストを必ずおこなう

やり方
  1. 水分で広がるドライタイプのパックをホエー液に浸し染みこませる
  2. 1のパックを顔に乗せ、5~10分間パックする

以上。とっても簡単ですよね。これを週に2回おこなうことで、美肌菌をなんと1.5倍も増やすことができるんだとか!

コストもかからず自宅で気軽におこなえるのでぜひ試してみてくださいね。

 

美肌菌化粧品を使う

そして最近注目されているのが、美肌菌を育むスキンケア商品。

ヨーグルトパックと同じで、乳酸菌などの善玉菌をスキンケアで補い美肌菌を育むメカニズムです。

最近注目の美肌菌化粧品の中でも、特に注目のおすすめ商品をご紹介します!

※化粧水アイテムを除いて選出しました。

 

乳酸菌ローション(鈴木ハーブ研究所)

注目商品

有効成分 セラミド、ヒアルロン酸、

コラーゲン、トレハロース

容量 80ml(1ヶ月分)

 

特徴 オールインワンタイプ 金額 3000円→初回金額 1500円(税抜)
おすすめ 乾燥肌 ◎

ニキビ肌 ◎

エイジング肌 ◎

購入先 メーカー公式サイト

 

皮膚科医や専門家が注目している乳酸菌を約4,000億個も配合した乳酸菌ローション。

乳酸菌が美肌菌を育て肌フローラを整えることで、自ら潤う理想的な肌に生まれ変わります。

とろりとした伸びの良いテクスチャーで、お肌をしっかり包み込む使用感。

これ一本でスキンケアが完結するオールインワンタイプなので、余計なストレス(摩擦・化学成分など)を肌に与えることなく皮膚化学の面でも理にかなっている商品です。

ただ、エタノールが含まれているのが気になる…。常在菌のことを考えるとエタノールは考えもの。

個人的におすすめなのは次にご紹介する「オリゴロジック」です❤︎

 

商品詳細はこちら

 

オリゴロジック カルチャリングセラム(日東電化工業株式会社)

人気商品

有効成分 グリセリン、オリゴ糖Ca、乳酸Ca、乳酸、 容量 お試しサイズ

30ml(1ヶ月分)

特徴 皮膚科医が開発したスキンケア 金額 2,000円(税抜)
おすすめ 乾燥肌 ◎

エイジング肌 ◎

購入先 メーカー公式サイト

 

オリゴロジックは皮膚科医茂田正和先生が開発に携わった今注目のスキンケア商品!

乳酸菌ではなくオリゴ糖を使用し、美肌菌を活性する製法です。

日本皮膚科学会でも注目された基礎化粧品で、美肌菌に働きかけるエビデンスデータも取得済み。

無着色・無香料・防腐剤フリー・アルコールフリー・オイルフリー・界面活性剤フリーにこだわって国内工場で作られているので、効果はもちろん品質も安心です。

化粧水、美容液、パック、BBクリームがシリーズで出ているのでぜひチェックしてみてください。

 

商品詳細はこちら

 

肌の調子が良くなった!

お試しを購入しましたが、使用してからまだ数日しか経っていないのに肌の調子が良くなってきています。開き毛穴が少しずつ目立たなくなってきています。肌のハリも出てる気がします(30代女性)

 

こちらの商品、凄いです!!お手頃過ぎる値段なので全然期待もせずに購入したのですが、使用してビックリ!使った翌朝には肌がしっとりツル艶。今日で5日目ですが、早くもシワが目立たなくなり、日毎に肌が若返っているようです(^-^)v(30代女性)

 

敏感肌の友達に勧められて、軽い気持ちで買ったんだけど、かなりいいです!万年セラミド不足の私にはぴったりみたいで、きめも整ってるのが続いてるしちょっと肌荒れしたかな、と思ってもすぐに回復します。色々入ってないのもポイント高いです。コスパもいいです。2プッシュでよくなじむのでなかなか減りません。(2o代女性)

 

オリゴロジックで美肌菌スキンケアをやってみた!効果を徹底検証
「美肌菌スキンケア」ご存知ですか? 最近、皮膚科医や専門家を中心に「常在菌(美肌菌)」にスポットを当てた美容法が注目されているんです! 私も「美肌菌スキンケア」には数年前からチェックしていたのですが、 なにしろ、それを実践...

 

美肌菌化粧品はけっこうお手頃

ご紹介した2商品ともにお手頃価格ですよね。

実は乳酸菌やオリゴ糖は原価が安いので、こだわった製法で作られた商品でもお手軽な金額で販売できるそうです。

常在菌を育むスキンケアは、肌をあまり洗わない方がよかったり、シンプルなスキンケアでよかったりと、コストも手間もかからずなんとも楽チン!

エステやスキンケアなど化学的な力で無理やり整えた肌は一時的なものですが、肌環境を整えて美肌菌を増やしてあげた肌は、肌本来の力で勝手に美肌になってくれます(笑)

どちらが理にかなっているか、肌にとって良いことかは明らかですよね。

高価なスキンケアやエステよりも常在菌が居心地の良い肌環境を整えてあげることを意識してくださいね。

 

美肌菌を増やし美肌を手に入れよう!

いかがでしたでしょうか?

女性なら誰もが美肌を目指し日々試行錯誤していますよね。

しかしその努力が正しいか?というと残念ながらイコールでないことが多いんです!

今回ご紹介した美肌菌のための「しない努力」を徹底して美肌菌にとって居心地が良い肌環境を整えてあげてくださいね。

ちなみに私は【オリゴロジック】で美肌菌増殖計画真っ最中です❤︎(変化があったらまたご紹介します)

 

おさらい

・アクネ菌は日和見菌なので、通常は悪さをしないが肌フローラのバランスが崩れると悪玉化しニキビの元になる
・美肌のためには常在菌を減らさないことが重要
・常在菌を増やす方法には「シンプルなスキンケア」「過剰な洗浄をやめる」「適度な運動」「乳酸菌配合のスキンケア」などがある